--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い人

2012年03月22日


DSC_0826.jpg

黒田。
中々がっちりした体型になってまいりました。
2mくらいになってくれ、そしたら私と籍を入れよう、そうしよう。(白目)

DSC_0843.jpg

60ラットなんかちょちょいのちょいやでー(棒読み)

あぼつおけてい

2012年03月20日


さぁ、ついに広告が出てしまった我がブログ。
そんなろくでもない広告に打ち勝つ為に、はるばる米国からやってきた勇者を紹介します。

DSC_0945.jpg

あ、あぼ・・・

DSC_0930.jpg

アボッツオケッティーーーーッッ!!
常々「コーンはあとアボッツいればいいなぁ」なんて思ってたので、知り合いに口煩く言っておいたらやってくれました。
この子、触っても全く物怖じしなくてゆるうりにょろにょろうねうね。
大人しいなーなんて思ってた矢先になんか薬指にちくっと刺さる痛痒い感覚。

DSC_0922.jpg

どう見ても餌と認識されています。本当にありがとうございました。
その後、人差し指に狙いをつけられ、7割近く飲まれて軽くパニックに陥る私。
結局何しても離さないしむしろ飲み込まれ続けているので、
このままでは今日の晩飯は私の人差し指~少しのインコ風味を添えて~なんてオシャンティーじみたモノになってしまうと考え、
ごめんと思いつつ流水でちょっと水を掛けたら離してくれました。

そんなに腹減ってるのか、と少し悲しくなり餌をあげたらまぁ反応が良い事良い事。

DSC_0965.jpg

転送中。

DSC_0968.jpg

まだ欲しい顔。
発色は良い、餌食いも(少し過剰なほど)良い。
素晴らしい!マーベラス!でかくなれ!ファイッ!

そんなアボッツオケッティ、名前は黍魚子(キビナゴ)。
我が家のコーン軍はこれにてピリオドを打つ事になるでしょう!
キビナゴ先生の成長にご期待ください!

記憶の隅の隅

2012年02月01日


DSC_0391_20120201234128.jpg

つい昨日(日付的に一昨日)、久しぶりに爬虫類倶楽部に出向いたのですよ。
でかいインディゴを触らせて貰い胸が高鳴りそして値段に挫け、
まだ年末だった頃にいて残っていたら確実に欲しかった蛇が衝撃の価格で売れてしまっていたり。
まぁこの蛇が入ったら連絡くれるという話なので、少し待ってみようかと思います。

DSC_0359.jpg

で、ハウスゲッコーを適当な数買い、そのストックの為のコオロギを買いに1号館(?)に行った時に見覚えのある女性の店員さんがいたんですよ。
このジカリーを買ったときに色々教えて下さって尚且つ触らせて下さった(購入の決め手)方で、
まだちょくちょく行ってた時忽然と多分中野店へ行ってしまい、しばらく姿を見なかったのです。
そして私がハチクラ行くのも大分まちまちになってしまったので、大宮店に戻ってきても遭遇せずだったみたいで(憶測)

そんな事もあってか見かけた時に「なんかお久しぶりですね、わかります?(笑)」と言ったら
「お久しぶりです!あれですよね!ジカリー買ったお嬢さん!」なんて言われちゃって年甲斐も無くワーキャーしちゃいましたよ。
「覚えててくれましたかー!嬉しいです!」「いやー、もうお嬢さん衝撃的過ぎたんで覚えてますよー(笑)」
衝撃とお嬢さんの単語に店員さんの天然っぽさを感じつつ、また来ようと固く決意した私なのでした。

それにしても、年単位で会ってなかったお客さんを覚えてるなんて、凄いですよね。
私だったらすぐ忘れる。
3歩、3歩だ。

DSC_0381.jpg

ちなみにハウスゲッコーの上手いストックの仕方は死にそうなくらい痩せ細ってる個体と、
いっつも誰かに怒られてる個体を早々に餌にしてしまう事だと思うんですが、如何でしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。